形成外科

対象疾患

切り傷、擦り傷などのケガ(処置・形成)、熱傷や熱傷後のひきつれ、ケロイド、ホクロ、皮膚のできものや、脂肪の塊などの良性皮膚腫瘍、瞼の垂れさがりによる見えにくさ(眼瞼下垂症)、顔のケガや打撲、顔面骨折(鼻骨骨折)、巻き爪、陥入爪、爪囲炎などの爪の病気、わきが(腋臭症)、多汗症、床ずれや、糖尿病などに伴って生じる皮膚潰瘍など

医療機関の方へ

顔面骨骨折 (当院で手術可能)

 ・鼻骨骨折
 ・頬骨弓骨折
(眼窩底骨折・下顎骨折、頬骨骨折などは他院へご紹介させていただいております)

医師紹介

福嶋 佳純

福嶋佳純医師

専門
形成外科
日本形成外科学会専門医
日本形成外科学会
日本創傷治癒学会
日本マイクロサージャリ―学会
日本口蓋裂学会
日本美容外科学会

メッセージ
形成外科では、身体に生じた組織の異常や変形、欠損など、外見に関連する様々な状態を、正常な状態に近づけるための治療を行っております。
形成外科の文字が示すように、手術や治療で「形」を「成す」ことで、見た目だけでなく、気持ちも前向きになれるようお手伝いしたいと思います。